海上自衛官と婚活パーティで出会い、結婚したいがいかに・・・

自衛官と結婚して、半年が経ったね…私の理由で結婚式を急いで、ちょっと落ち着いて裕也も産まれた。やっと一週間…でも私、いつまで裕也を抱けるだろう?それに、みんなのお母さん見たいにおっぱいじゃなくてミルクでごめんね。自衛官とは?どの位一緒にいられるだろう?二人が皺くちゃになるまでは無理だよね…最近思い出すんだ…私達が出会ったのは高校生の時だったね。しかも高校は一緒なのに初めて話したのは公園。買い物で忘れ物をして慌てて転んだしまった時、「羽山 碧ショーツは碧じゃないのか?」って本を顔に乗せて寝ていたせに言われた。本とに最悪な人!って思ったけど、

ハンカチを貸してくれたり、スーパーまで一緒に行って、買い物に付き合って家に送ってくれたり、以外と世話焼きと言うか…でも、料理の野菜を切るのは下手だよね。玉ねぎなんていつまでもむいて1枚1枚になってるし、梨を剥けば殆ど実がないし。でも、そんな自衛官だから一緒にいて幸せなんだね。本当に…ごめんね。なんで私こんなに幸せなのに、この大切な時間を手放さなきゃならないんだろう?裕也のこれからだってまだまだみていたいのに。私はおかあさんになっちゃいけなかったのかな?こんなに大切にしてくれるみんながいるのに、私、親孝行も、恩返しもやりたいこと何にもやってない。親不幸ものだし、

自衛官と裕也にとってもいい、奧さん、お母さんじゃない…どうして今私を治らない様な病気にしたの?もう少し時間を遅くしてくれてもよかったじゃない。神様と駆け引きが出来るなら命の猶予を下さいってきっと言うと思う。だけど、、私じゃなきゃいけないんだよね。他の誰かだったらまた悲しむ人がいるし。私は自衛官とお父さん、お母さんがみかたしてくれたから、ここまで頑張れた。ありがとう。後ねお願いがあるの。自衛官…私が死んだら、今度は元気で可愛いお嫁さんを見つけてね。でも、初めての命日にだけは少し思い出して欲しい。そして、写真にでいいから、キスして欲しい。幸せになってね。

http://www.indonesiamembaca.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です