カラオケボックス映像の女性アイドルの尻に嫉妬した彼に恋した私。

数年前、民間企業主催の合同コンパに参加してみました。会場はホテルの大ホールでしたが、ドレスコードの指定も無く、ラフな格好でも大丈夫です。という話でした。受付で事前に購入したチケットを見せ、簡易名札を作成し、いざ出陣。割合は200対200。立食スタイルで自由行動可能でした。大規模ですが、年齢層も広かったたため、自分に釣り合う年齢層は少なく「ハズレかあ。」とコ心の中で思いました。その時、格好は本当に普段着、片手にビールを持った「彼」を見つけました。髪は短髪で凛々しい反面、ほとんど会話は何故か盛り上がらない。でもふと笑顔が素敵で職業は陸自の方とLINEのID交換をしました。普通男性は、連絡する用が無い以外、メールを好まないといいますが、彼は別でした。「訓練頑張ったよ!」という報告プラスよく分からないスタンプ。心の純朴さが表れているのか、ただ送っているのか意図は分かりませんが、まるで高校生のようなメッセージが来るようになりました。私の公休が平日で中々会えない日が長かったのですが、メッセージ交換は毎日続けていました。たまたま休日が土日に当たり、初めてのデートへ。私は花柄のスカートにシフォンスカート、とまあ、まだ付き合ってもいないからワンピースコーディネートじゃなくていっかと少し気持ちを楽にもって待ち合わせ場所へ向かいました。彼の格好は、ホテルでの会場と似たようなテイストで、鞄は前と同じ。つい、「お洒落とか興味ないの?」と言ってしまったら「よく分からなくて。」との返事。彼の方が2つ年上なのに。でも、女性にとても優しいんです。「これぐらいの量、食べられる?」とか、「この荷物重くない?持ってあげるよ。」気遣い100点!カラオケボックスで一緒に歌ったりしていると自然に距離が近づいてなんかドキドキ、更に彼がbuck numberの花束を歌いだすから更にドキドキ。でも、女性アイドルのダンスシーンでお尻をガン見していたのは許せなくて注意してしまいました。彼曰く「魅力ある」だそう。よく分からない……。帰りは相合傘で距離もだいぶ縮まり、数日後、私はLINEで「好き」だと告白したのですが、「俺の嫌いな部分を含めて改めて考えてほしい」とあっさり拒否。拒否というかよく分からない返事ですよね。ジワジワ愛を育てたいタイプだったみたいです。それ以降だんだんメッセージのやり取りも減って今は音信不通になってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です