ずっと大好きな自衛官様との出会いの話

わたしと自衛官は大学で知り合いました。 自衛官はわたしの1つ下で、わたしが所属するサークルに自衛官が入ったことがきっかけです。 もともとわたしは積極的に人と関わりにいく方なので後輩たちにもたくさん話しかけ、1か月後にはサークルでイジラれキャラのわたしに後輩の自衛官がツッコミを入れることが恒例となっていきました。

最初はお互いただの先輩後輩と思っていたのですが、わたしがアルバイトで疲れているときに自衛官が気づいて優しく声をかけてくれたことをキッカケに、わたしが好きになりました。 それからはアプローチをしていましたが鈍感な自衛官はまったく気づかず…。好きになってから三か月後、わたしから告白しました。 ですが、結果は「ごめんなさい」。先輩としか見ていなかったので、恋愛対象には見れないということでした。

自衛官のことを考え、わたしは振られたショックはありながらもこれまで通り先輩後輩として接していました。 時には、自衛官が悩んでいるときに先輩としてアドバイスをしました。 それから一か月後、偶然二人での帰り道になったとき、なんと自衛官から告白をしてくれました。 思ってもみなかったことに、変な声しか出ませんでした。 自衛官は、告白後のわたしの対応(変わらず接してくれたり相談に乗ってくれたこと)で意識するようになったとのことでした。

嬉しくて、でもなんだか恥ずかしくて目を見れなかったことを今も覚えています。 そしてそれから五年間付き合い、結婚をしました。 相変わらず、わたしはボケ役で自衛官はツッコミ役。

出会ったときと変化はありません。 ですが、ふざけるときは盛大にふざけて、真剣なときは真剣に二人のことを考えてくれる自衛官のことが大好きです。 何かお互いの意見が異なるときは「喧嘩」ではなく「話し合い」をしようということを約束して、自衛官はわたしを頭ごなしに否定したりしません。

そんな理解しようとしてくれる自衛官だからこそ、年が経つごとに自衛官を好きな気持ちが増えていき、わたしももっと大切にしたいと思えるのだと思います。 これからもずっと死ぬまで、素敵な自衛官と歩んでいきたいです。

カラオケボックス映像の女性アイドルの尻に嫉妬した彼に恋した私。

数年前、民間企業主催の合同コンパに参加してみました。会場はホテルの大ホールでしたが、ドレスコードの指定も無く、ラフな格好でも大丈夫です。という話でした。受付で事前に購入したチケットを見せ、簡易名札を作成し、いざ出陣。割合は200対200。立食スタイルで自由行動可能でした。大規模ですが、年齢層も広かったたため、自分に釣り合う年齢層は少なく「ハズレかあ。」とコ心の中で思いました。その時、格好は本当に普段着、片手にビールを持った「彼」を見つけました。髪は短髪で凛々しい反面、ほとんど会話は何故か盛り上がらない。でもふと笑顔が素敵で職業は陸自の方とLINEのID交換をしました。普通男性は、連絡する用が無い以外、メールを好まないといいますが、彼は別でした。「訓練頑張ったよ!」という報告プラスよく分からないスタンプ。心の純朴さが表れているのか、ただ送っているのか意図は分かりませんが、まるで高校生のようなメッセージが来るようになりました。私の公休が平日で中々会えない日が長かったのですが、メッセージ交換は毎日続けていました。たまたま休日が土日に当たり、初めてのデートへ。私は花柄のスカートにシフォンスカート、とまあ、まだ付き合ってもいないからワンピースコーディネートじゃなくていっかと少し気持ちを楽にもって待ち合わせ場所へ向かいました。彼の格好は、ホテルでの会場と似たようなテイストで、鞄は前と同じ。つい、「お洒落とか興味ないの?」と言ってしまったら「よく分からなくて。」との返事。彼の方が2つ年上なのに。でも、女性にとても優しいんです。「これぐらいの量、食べられる?」とか、「この荷物重くない?持ってあげるよ。」気遣い100点!カラオケボックスで一緒に歌ったりしていると自然に距離が近づいてなんかドキドキ、更に彼がbuck numberの花束を歌いだすから更にドキドキ。でも、女性アイドルのダンスシーンでお尻をガン見していたのは許せなくて注意してしまいました。彼曰く「魅力ある」だそう。よく分からない……。帰りは相合傘で距離もだいぶ縮まり、数日後、私はLINEで「好き」だと告白したのですが、「俺の嫌いな部分を含めて改めて考えてほしい」とあっさり拒否。拒否というかよく分からない返事ですよね。ジワジワ愛を育てたいタイプだったみたいです。それ以降だんだんメッセージのやり取りも減って今は音信不通になってしまいました。

お互いに「この人と結婚しそう」とビビっときた相手。出会いはマッチアラーム

彼氏は5つ年上の28歳で、身長は170センチ。
どことなく山崎賢人似の、ほんわかした男性です。
とにかく優しくて、私のお父さんみたいな存在です。
よく友人には、(彼氏と私の)雰囲気が似てると言われます。

出会いのきっかけは、いわゆる出会い系サイトでした。

2年前、私は彼氏いない歴が1年を超えてしまい、
周りの同級生は早い子だと結婚・出産までしているので非常に焦っていました。
でも、合コンはチャラい人が多そうだから嫌だ。(完全に偏見ですが…)
友人から紹介しようか?とも言われましたが、
会ってその後上手くいかなかった時の事を考えると、
相手にも友人にも気まずい思いをさせてしまう…と思うと、何も出来ずにいました。
それでもやっぱり街で仲良さそうに歩くカップルが羨ましくて…。

昔からすぐにネット検索する癖があったので、
「彼氏ほしい 出会いがない」で検索しました。(笑)
すると出会い系サイトがヒット。

出会い系サイトか〜、なんか怪しそうだしな〜…と思いながらも、
とりあえず登録だけしてみることに。
顔写真とプロフィールを登録すると、
結構な数の男性からメッセージが来てビックリしました。
なんとなくそれが面倒くさくなってしまい、
そのまま数週間放置していました。

久々にサイトの事を思い出し、もう一度見てみると、
新しく男性からメッセージが来ていました。
プロフィールに記載していたネコの事を触れているメッセージに好感を持って、
返事を返してみると、まるで昔からの友達だったかのように気が合いました。

しかも偶然にも同じ県内に住んでいたので、
予定を決めて会いましょうという事に。
その時点でお互いに「初デート」って言っていました。
そんな初デートは、ベタに水族館に行きました。

初デート当日、待ち合わせ場所で服装などの特徴を伝えて、ドキドキしながら待っていると、
「○○さん?」と声をかけられました。
そこで相手の顔を初めてしっかりと見ることができたのですが、ものすごくどタイプな顔でした。
なんでこんなかっこいい人が出会い系サイトをやっているんだ?とも思いましたが、
とにかくかっこよくてびっくり。
と同時に、なんとなく彼の雰囲気から、(私この人と結婚しそう)と思いました。

水族館デートを楽しみましたが、本当に昔からの友達のように、仲の良いカップルのように楽しい時間を過ごしました。
この人の彼女になれたら幸せだろうな〜と何度も思いました。

水族館の帰り、海までドライブしに行き、
夕暮れ時に海を見ながら告白されました。
正直「早!?」と思ったのですが、私もその時点で彼に夢中になっていたので、即OK。
出会い系サイトで「恋人がほしい」という目的で会って、利害が一致しているからこその展開の早さだったのかなと思います。

出会い方こそ少し特殊だったけれど、そのほかの部分については世間のカップルと何ら変わりなく、
お互いの友達に紹介したり、お互いの実家へ挨拶に行ったり。(緊張しました)
現在は同棲もしていて、一年以内には結婚予定です。
まさかこんなにトントン拍子に話が進んでいくとは思っていませんでした。
本当に、赤い糸ってあるんだなぁと隣の彼氏の顔を眺める度に思います。

彼氏曰く、初めて私の顔を見たとき「結婚すると思った」そうです。
全く同じ事を考えていたことに、びっくりです。
二人のあの時の気持ちが現実になるように、これからも二人で支えあっていきたいです。

初めてのマッチングアプリ:マッチアラームを使って良かったなって今は思っています。

おだやかな旦那さんは海上自衛隊『婚活j』

私はすごく気性が荒く、すぐに怒ったり、笑ったり、気分がころころかわります。AB型なので、二面性があるのかもしれません。思ったことは、腹に溜めずにすぐに言ってしまう性格でもあります。旦那さんは、すごく落ち着いた人で、自分の気分で人に当たることはもちろんないし、あまり人に対してイライラしないようです。どう育ったらこんなに平和な性格になるのか不思議に感じます。男ばかりの三兄弟の末っ子なので、もっとやんちゃに育つものかと思いますが。私は上に兄がいるので、小さい頃から、りかちゃん人形とか女の子らしい遊びよりも、そとで走り回ったり、戦隊モノのおもちゃをもって、近所の男の子たちと戦ったりして遊んでいました。そのせいもあるのか、男勝りな性格です。先日、車をかなりこすってしまい、修理に出すと、数十万かかるだろう傷をつけてしまいました。パニックになり、仕事中の旦那さんに電話しました。怒られるかな。飽きられるかな。私は専業主婦で稼ぎもないし、すごくショボンとしていました。そうしたら、まず最初に旦那さんのくちからでた言葉は、大丈夫?怪我はない?でした。車のことよりも、体のことを気遣ってくれました。そして、車の状態のことも、そんなの修理に出せば良いだけのことだし、気にしなくても大丈夫。体さえ元気でなんともなければ大丈夫だよと。もうね、すごくうれしくて、なんていい人だ!と思ったし、こんな優しい人と婚活からの結婚できて、私は幸せだと思いました。私の実家の母が車をぶつけた時は、父にものすごく怒られ、夕飯の時間にかぶってしまったこともあり、すごくイライラされた態度で迎えられ、修理対応から、何から何まですべて自分でやったそうです。だから、そんな感じに私もなるのではと思っていました。それから、修理にだすか、迷いましたが、もう12年のっているということもあり、思いきって新車を購入するか!と、さっそく車屋さんに行ってきました。そしたら、やはり修理には20万円近くかかってしまうとのことでした、税金も、もうすぐかかるし、なんと即決で、前からいいなと思っていた車の、新車を買ってしまいました。旦那さんは、車をこすったことは、マイナスになってないし、むしろ車を買い替えるいいきっかけになったんじゃないかなと、これまたうれしい言葉をかけてくれました。いろいろな夫婦がいると思いますが、性格が反対だからこそ、相手をすごくいいなと思えるのかなと思いました。

アメリカで出会った私の運命の自衛隊出身の彼

 私は今の彼に出会って一か月してから付き合い始めました。私は現在アメリカに留学中で、彼とはそこで出会いました。私が初めていまの学校に来たころ、英語もままならず不安で仕方なかった私に一番最初に優しく接してくれたのが彼でした。なので、私の中ではすごく素敵な人だなというイメージで、『何か困ったら俺に連絡してくれればs助けてあげるから。』という言葉とともに電話番号を交換させていただきました。私は普通にお礼の言葉を彼に送り、そこからごく普通の会話が始まりました。それから2,3日後に『ランチに行かない?』と誘われ二つ返事でokしました。とても気を使ってくれる人で、彼との時間はすごく楽しく、『この人のこともっと知りたいな。』と思い始めるようになりました。それから、私たちは数回のデートを重ねました。毎回毎回、デートが重なるたびに彼にキュンキュンするようになりました。彼の行動の一つ一つが私の鼓動を早くさせ、五回目のデートの時に彼から告白をされました。アメリカでは知らないうちに大親友が恋人になってることもよくあるため、告白から始まるお付き合いは意外とまれなほうなのです。でも私はそのように始まるお付き合いのほうが好きなので、『しっかりしてる人だな』と心の中で思いながら、彼にハぐをして返事をしました。
 彼の大好きなところは、相手を尊重するところと、それでもきちんと自分の意見を持っていることです。よく周りの人には『らぶらぶだね』と言われますが、私たちももちろんけんかをします。その時はなぜけんかになったかをきちんと二人で話し合います。私は極端なので、たいていの場合、彼のほうから『ごめんね。僕が悪かった。』ときます(笑)でもそこから私たちの原因探索が始まります。ほかに彼の好きなところは、サプライズが多いところです。記念日や誕生日、それからバレンタインや大晦日(アメリカではクリスマスは家族行事で、大晦日はカップルのための行事です)に、私の予想を超えるサプライズを彼は用意してくれています。それからもうひとつ、本当になんでもないひを彼は素敵な一日に変えてくれます。それはもちろん私が彼のことをだいすきだから、一緒にいるだけで幸せだし、私が落ち込んだ時や、テスト勉強に疲れた時などはそばにいてくれたり、私のためにホットケーキなどの差し入れをしてくれます。とてもかわいいです。なので私の今はすべて彼に支えられています。これからももっと幸せに二人で仲良くしていきたいです。 

海上自衛官と婚活パーティで出会い、結婚したいがいかに・・・

自衛官と結婚して、半年が経ったね…私の理由で結婚式を急いで、ちょっと落ち着いて裕也も産まれた。やっと一週間…でも私、いつまで裕也を抱けるだろう?それに、みんなのお母さん見たいにおっぱいじゃなくてミルクでごめんね。自衛官とは?どの位一緒にいられるだろう?二人が皺くちゃになるまでは無理だよね…最近思い出すんだ…私達が出会ったのは高校生の時だったね。しかも高校は一緒なのに初めて話したのは公園。買い物で忘れ物をして慌てて転んだしまった時、「羽山 碧ショーツは碧じゃないのか?」って本を顔に乗せて寝ていたせに言われた。本とに最悪な人!って思ったけど、

ハンカチを貸してくれたり、スーパーまで一緒に行って、買い物に付き合って家に送ってくれたり、以外と世話焼きと言うか…でも、料理の野菜を切るのは下手だよね。玉ねぎなんていつまでもむいて1枚1枚になってるし、梨を剥けば殆ど実がないし。でも、そんな自衛官だから一緒にいて幸せなんだね。本当に…ごめんね。なんで私こんなに幸せなのに、この大切な時間を手放さなきゃならないんだろう?裕也のこれからだってまだまだみていたいのに。私はおかあさんになっちゃいけなかったのかな?こんなに大切にしてくれるみんながいるのに、私、親孝行も、恩返しもやりたいこと何にもやってない。親不幸ものだし、

自衛官と裕也にとってもいい、奧さん、お母さんじゃない…どうして今私を治らない様な病気にしたの?もう少し時間を遅くしてくれてもよかったじゃない。神様と駆け引きが出来るなら命の猶予を下さいってきっと言うと思う。だけど、、私じゃなきゃいけないんだよね。他の誰かだったらまた悲しむ人がいるし。私は自衛官とお父さん、お母さんがみかたしてくれたから、ここまで頑張れた。ありがとう。後ねお願いがあるの。自衛官…私が死んだら、今度は元気で可愛いお嫁さんを見つけてね。でも、初めての命日にだけは少し思い出して欲しい。そして、写真にでいいから、キスして欲しい。幸せになってね。

http://www.indonesiamembaca.org/